>『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英会話力育成プログラム』

英会話の必要性

英語が世界共通語であることはご存知とおりです。

小学校でも英語指導が始まって時間が経過していますが、その効果というのはいかがなものなのでしょう。

2020年には東京でオリンピックが開催され、今以上にたくさんの外国人が日本に訪れることでしょう。

その時こそ、英語で話したい、外国の人とコミュニケーションをとりたいと思う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

現在成人している人なら、少なくとも中学の3年間、もしくは高校の3年間を合わせて6年間は英語を学校で習ったはずですが、残念ながら日本の英語教育では英会話ができるようにならないということは明らかになってしまいましたね。

実際、学校の英語の先生や塾の英語の先生は教科としての英語は教えることができても、英会話を教えることができない。なぜなら、ほとんどの英語教師が英語でネイティブと会話を出来る人はほとんどいないという事実があります。

 

英会話力というのはどうしたら身につくのか。

 

あなたがまだ日本語もまともにしゃべれない子供であれば、両親が毎日英語で話しかけ、生活の中で英語を言葉として覚えていけるはずですが、残念ながらそんなことはありませんね。

日本語を母国語とし、日本語を理解し、会話をする脳の構造になっています。

その頭で英語を会話として覚えようとしてもそれはむつかしいことだと言わざるを得ないのです。

ならばどうするのか。

英単語を単体で覚えるのではなく、英文を“あるかたまり”で記憶に投げ込む方法をとります。
この方法は もの凄い数の単語を脳が自然に吸収し始めることのできるトレーニングプログラムです。

“かたまり”というのは熟語や、シチュエーションという意味ではありません。

私たちが日本語を覚える際に日本語を勉強しなかったように、まるでゲームをしているようにできるシンプルな方法なのです

英語の音を和訳するのではなく、聴こえた音が日本語の文字で出てくるわけでもなく、瞬間に脳から英語が溢れ出るようになります。英語を英語で捉える感覚というのがあたっているかもしれませんね。

そのプログラムがこれ↓↓

 

このプログラムの作者からのメッセージです。

みなさん、こんにちは。

藤永と申します。

私は、私自信が日本の英語学習法を放棄したのち
たどりついた、勉強しないでネイティブになる新型・英語学習法を多くの人に普及する活動をしています。

そして、同時に、正しい英語教育をできる教師や講師を育成しています。

わたしのビジョンは、東京オリンピックのある2020年までに5000人のネイティブスピーカーを輩出することです。

英語ができれば、世界中にチャンスが広がります。
今後食いっぱぐれる事もありません。

ぜひ、一緒に楽しく身につけて、
英語を習得した後の新しい人生を楽しみましょう。

 

 

 






 
 

 

© 2018 欲しいもの通販 rss